株式会社長峰マネジメントオフィス

生産緑地について

お問い合わせはこちら

生産緑地について

生産緑地について

2022/07/26

生産緑地は営農義務を課せる代わりに30年間の相続税の納税猶予や固定資産税の税制優遇を与えられていましたが、30年間を過ぎると優遇処置は受けられなくなる代わりに、市区町村に買取を申し込むことが可能になります。しかし、実際は市区町村が買い取る可能性は低いとされており、買取されなかった土地は売却できるようになります。そのため、1992年に指定された生産緑地のほとんどは2022年でタイムリミットを迎え、生産緑地が市場に大量に売りに出されることで、地価の暴落や都市部の宅地化が進むことにより緑地が減少するなど多くの問題が懸念されています。これが「生産緑地の2022年問題」と言われています。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。