株式会社長峰マネジメントオフィス

リバースモーゲー、そのメリット・デメリット

お問い合わせはこちら

リバースモーゲージ、そのメリット・デメリット

リバースモーゲージ、そのメリット・デメリット

2022/09/05

リバースモーゲージのメリット
仕事を引退した定年後、年金のみでは生活が不安な場合でも、持ち家さえあれば生活費の不足を補えるということが、最大の利用目的であり、メリットでもあります。
定年後の生活資金に余裕がない場合、自宅を売却するのも選択肢の一つですが、そうなると転居をしなければなりません。リバースモーゲージを利用すれば、自宅に住み続けながら老後資金の融資を受けられるため、身体的にも精神的にもストレスが少ない資金調達方法と言えます。
また、借り入れた資金の使いみちは、一般的には「生活資金」とされていますが、老人ホームや介護施設への入所費用に充てられる場合も多いです。高齢になると、融資を受けるのが難しくなる上、病気やケガにより、まとまったお金が必要になる可能性も高くなります。リバースモーゲージによる融資は、老後の資金不足を回避し安心を得るための一つの方策となります。


リバースモーゲージのデメリット

メリットだけでなく、当然ながらデメリットもあります。デメリットを理解していないと、後に思わぬ支障を引き起こすことになりかねません。主なデメリットを挙げます。

【自宅を相続する予定があると利用できない】

リバースモーゲージは、借り入れした人の死後に自宅を売却して、売却代金から融資元本を返済する仕組みですから、資金を貸し付ける金融機関により、担保物件について第一順位となる抵当権が設定されます。そのため、自宅を子供に相続したいなどの意図がある場合には、利用できないことになります。

【担保条件に合わない場合がある】

リバースモーゲージは、持ち家があれば必ず借りられるというものではありません。金融機関によりますが、物件の所在地や担保評価額、特定の物件種別(一戸建てのみなど)といった条件が付けられていることがあります。

また、借入れ契約者の遺産を相続すると思われる人(推定相続人)全員から、契約内容についての同意を取り付ける必要があります(同意書の提出)。

【長生きリスク】

予測不能なデメリットに、長生きリスクがあります。リバースモーゲージで借り入れができる金額は、持ち家の担保評価によって決まります。想定よりも長生きになった場合、融資限度額以上の借入はできませんので、資金は計画的にやや余剰分を考えて使うことも必要です。

【金利上昇リスク】

リバースモーゲージの融資では、ほとんどが変動型金利を適用しています。変動型金利とは、市場金利の動きに応じて変動する可能性があるものです。固定金利よりも低めに設定されますが、経済状況が変わり高金利に移行したときには、当初設定よりも高い金利に変わるリスクがあります。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。